センニンソウ 仙人草

センニンソウ は有毒です

いま野道を歩けば必ず見当たる白い花センニンソウ

画像


他の植物の上からかぶさるようにからみつきながら生育しています

別名馬食わずと言うそうです
そのいわれは、有毒植物であるが故に、牛、馬はこれを口にしないため、馬食わずと言うのだとか

しかし、誰に教わるわけでもないのに、有毒植物を排除しながら草を食むとは驚きです
人間には遠く及ばない能力です
なにかと言うと、畜生のくせになどと人間様はのたまいますが

このセンニンソウ、花が終わり果実を結ぶと、種子から白い髭のようなものが出てきます
これに風を含ませて種子を飛ばすのですが、まるで仙人の髭のようなのでセンニンソウだそうです

キンポウゲ科で、クレマチス(鉄線)と言う花も仲間です
センニンソウの汁が皮膚につくとかぶれて潰瘍になるので注意が必要で
ましてや、これを食べてしまうと胃腸が・・・・えらいことです

ただし、漢方ではあの有名なトリカブトさえ薬にしてしまいますが(トリカブトもキンポウゲ科)センニンソウの根は鎮痛剤として漢方でも使用されるとか
でも素人は絶対生半可な知識で使わない事でしょう

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック