レンゲソウ

蓮華草、春の季語でもあります
画像



俳句の世界では、手に取るな  やはり野におけ  レンゲソウ と言うのが有名です
いくら素晴らしいものであっても、自分独り占めしては ダメですよ 野においてこそいいのですよと言う教訓も含んでいます

画像


♪ひらいた開いた  何の花がひらいた  蓮華の花が開いた   わらべ歌ですが、子供時代必ず歌った経験をお持ちでしょう
ビリーバンバンにもそのものずばり レンゲソウ という歌もあります

画像


昔は水田地帯では蓮華の花が赤紫の絨毯のように広がっていたものです
蓮華を栽培し田んぼにすきこむと、いい緑肥になります
でも小型の耕運機ですと、草丈1メートル近い長さになるレンゲソウが機械に巻き付き難儀をしました
そんな事から次第に蓮華が使われなくなったのですが、強力な乗用トラクターの導入で、少しの巻き付きは知らん顔で作動しますから、最近再び蓮華が見直されつつあります

画像


レンゲソウをすきこんだ田んぼのお米はすごくおいしいのだそうです
また、レンゲソウの蜜は高品質で定評があります
子供のころレンゲソウの花でティアラ(冠)を作り、頭に飾った皆さんも多いでしょう
一度レンゲソウの畑に出かけてみませんか、和歌山では印南町がレンゲソウで有名です

画像

げんげ田に放ちて追へり竹とんぼ (凡茶)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック