木ノ実の落ちるころ

秋が深まり木の実が落ちるころとなりました
画像


秋の木の実を代表するのがクリでしょうか、おいしいですね
クリのほかにドングリりと言われる木の実も盛んに落ちてきます
ドングリとは、ナラ、クヌギ、カシ、シイ、などの総称です
これらのドングリの大部分はタンニンが強く渋くて食べられません
そこで縄文の人たちはこれを潰してのち、流水にさらして
渋を抜いて食べていたようです

画像


食料の十分でないころの貴重な食糧だったことでしょう
その中でマテバシイという大型のシイがあります
シイみんな渋が少ないのですが
マテバシイは3センチほどの大きさがあるもので支渋がありません食べるにはもってこいです
生で食べても渋くありませんが、炒って食べればなおおいしいのです


画像


でも甘いお菓子が豊富な昨今、こんなシイなど食べる人もなく
シイの実をおもちゃにする子供もいません
シイの木の下には無数の木の実が落ちています
このシイはドングリクッキーに使う人たちがたまに拾うくらいでしょうか
素朴な美味しさのある木の実を皆さんも味わってみませんか


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック