関西は記録的な猛暑ですが

その、猛暑を謳歌しているのがカランコエです

画像


カランコエはベンケイソウの仲間ですが
今は品種改良で多彩な花の姿が楽しめます
カランコエは多肉植物ですから水やりには注意が必要です
過湿には弱く、水をやりすぎると根が腐り枯れてしまいます


画像


日当たりのいい軒下などに置くのがいいのですが
真夏には直射日光は当てないようにします
葉焼け起こしてみすぼらしくなります
また水を与えるときは、葉に直接水がかからないようにするのが肝要です

画像


良く見かけるカネノナルキなどの多肉植物も仲間でして
管理は同じようにしてください
カランコエは簡単に挿し芽で殖やせますので
手持ちの株が姿を乱したときなどは挿し芽で更新するのがいいかもしれません
花が終わったらそこから選定しますと、脇芽が出てまた花が出てきます

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック