カンナの花

かんなの花は情熱の花


画像


かんなの花は真夏から咲き続けていますが
まだまだしばらく頑張って花をたのしませてくれます
花の色も多種多彩ですが、やはり真っ赤な花が一番似合いそうな植物です
生まれは熱帯地方で、世界中の熱帯が原産地
そのため多様性を獲得したのでしょう

画像



最近は品種改良でr花の姿も変化の物がよく見かけます
元々園芸植物として入ってきたカンナ
でも性質はたくましく、いつの間にか河川敷などに野生化もしています
この花は水が大好きでして,湛水栽培も可能だそうです
だから河川敷でも平気なのですね


画像


私も以前栽培をしていましたが
余りにも大嵩になるので今は栽培をやめていますが
間もなくカンナに黒豆の様な種が出来ますから
それを蒔きつけてもいいし、地下の球根を分割bしてもいいのですが
冬は安全のため株周りにもみ殻などで保温すると安心です


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック