シャリンバイ

相次ぐ台風でシャリンバイは大変でしょうね

画像


シャリンバイはバラ科の花木です
日本から沖縄、南アジアに分布を広げているそうです
木の高さはせいぜい2~3メートルですが
枝や葉が密生しています
それが帯になって生育している場所は、強い海からの風を避ける
防風垣のような役目をして付近の植物を守っています

画像


シャリンバイという名前は、枝が自転車のスポークの様に出るところから
まるで車輪のようだということからついた名前だそうです
シャリンバイは春に小さな白い花を一面に咲かせます
バラ科の植物はみんな春に一斉に花を咲かすのですね

画像



そして、秋には丸いビー玉のような果実を結びます
まもなく黒く熟しますが、これは甘いのでしょうか
はたまた苦いのかもしれませんが
このシャリンバイはタンニンを豊富に含むので
沖縄では草木染の焙煎罪に使うそうです
葉っぱには消炎効果があるそうです

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック