セイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウがきれいです

画像



セイタカアワダチソウはキク科の多年草です
北アメリカから侵入してきましたが
全国に拡大したのは米軍の移動に伴う種子の拡散だそうです
一時はいたるところに生えていましたが、現在次第に生育場所が縮小傾向です

画像


そのわけは
セイタカアワダチソウはその根からアレロパシー
という植物忌避物質を分泌します
そのため周辺の植物を駆遂するのですが
自らも生育条件が厳しくなり、やがて消滅に至るのです

画像


一時は喘息、花粉症の元凶とされて来ましたが
それは濡れ衣で、逆に豊富な花粉や蜜は養蜂家の宝物
花はハーブティーにもできるとあります
花も近くで見ればなかなかきれいじゃないですか
私はこの花が好きです
セイタカアワダチソウは吸肥力が強く
数年でその土地の栄養分を吸収しつくすとも言われています

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック