タツナミソウ

薄紫の花が咲く野草です

画像


シソ科の野草タツナミソウです。
私は野に置くのがもったいないので栽培しています
野原で咲いているところは、やや水分の多い斜面です
薄紫の花は広重の絵に出てくる荒波の様です

画像


そんなことからタツナミソウと名前が付けられたのでしょう
この命名はいいですね、ヘクソカズラなんて無粋な名前を付ける
植物学者のみなさんも、今後はこの事例を参考にしてもらいたいです
タツナミソウは宿根草のため、一度植えれば後は放任でもよく育ちます

画像


草丈も20センチ程度でほかの花々の邪魔にもなりません
花の期間もかなり長いほうです
私はこのタツナミソウを入手したのは
花の茎を10㎝ばかり採取してまいりました
それを刺し芽しておいたところ発根したのです
株分けで増やすのが通常でしょうけれど
苗の販売は園芸店では見かけません


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック