ハツユキソウ



DSC08491_R.JPG

ハツユキソウはポインセチアなどの仲間です
アメリカが原産地です
トウダイグサ科の植物です
暑さには耐えますが寒さには強くありません

DSC08489_R.JPG

真夏にまるで雪をかぶったかのごとく白い葉は特異です
農家ではこれを田んぼの片隅に作った花畑に植えています
そんな場所のハツユキソウはすこぶる順調な成育です
やや湿った場所がお気に入りの様です

DSC08488_R.JPG

放任しますと背丈が高くなりすぎますので
適宜摘芯を行いますとこんもりとした姿になります
なお、摘芯の際出た茎の汁はかぶれを引き起こすことがありますので
ビニール手袋など用いますと安心です
花は咲くのですがほぼ目立ちません

DSC08487_R.JPG

クレオメ

DSC08485_R.JPG

日本の粋な方が付けた名前は酔蝶花です
この花は夕方には咲きだし、日の出とともにしぼみはじめ
一日で花は終わりなのです
その途中で花の色が白から紅色に変化します
朝顔の変色と同じ現象です
これを見てあたかも酒を飲んで色が赤くなったという見立てです

DSC08484_R.JPG

写真を撮った時間は午後でして
相当花がしぼんでいますがお許しください
原産地は熱帯アフリカだそうです
その事からすれば日本の夏も平気なのですね

DSC08483_R.JPG

普通は春に種をまいて育てます
移植を嫌いますので園芸店に苗が出回ることはありません
ネコの鬚のようなものが魅力ですね
もうすぐヒガンバナも咲くのですが
ヒガンバナの葯もこのように長く伸びているいます

DSC08482_R.JPG

これはLINEを装ったフイッシング このメールはLINE]を装ったフィシングと思われます

急報
axcgaowqelgngukhctcncrspiwjzmchcxjfvpkibdlxlswjhqydaitvokseyifaqaqhpfqvyajevjqaviqqcxpeo
お客様のLINEアカウントに異常ログインされたことがありました。。
jeeorzdfytmuiqeojksqcurlmletuyvpdntuthyxyglltxglfxqlrneezlcwbcnbehqcwuvbvuyrcpyjodxmfymu
お客様のアカウントの安全のために、ウェブページで検証してお願いします。こちらのURLをクリックしてください。
gvnxthpvyxfrqkrbiipoarkiidaltybzpxmnkzvbtcrmyfvxrzbghfvvdbjsdwpskoskddveyxmtqizjljqudhfg
安全認証アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するためLINE 情報を確認する必要・ェあります。
xwcsqmitntvvukiorabnuokjurqmbhxntkocxfffmbsxuklkqghgoaaqigrftvoievzncxpahmlqfpvunecxhjbo
今アカウントを確認できます。LINE ログイン なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。
fchqurwchuzchvbmhwrjousrqcvszfffvfgogjylomfqairvjatiqxbozpvkzrjvgecmqpgyuadwtgrvblrnskwg



こんなメールが届いたらご注意ください

ノウゼン

DSC08478_R.JPG

ノウゼンカズラが咲き競っています
ノウゼンは中国原産の物が一般的ですが
アメリカ系の物もあります
またその交雑種も流通しているようです

DSC08479_R.JPG

中国に由来するから寒さには強いです
冬は完全落葉しますが、春には萌芽してきます
何にでもから三ついてよじ登る性質があります
木質の物なら値を内部に食い込ますようです
それで毎年冬に適切な剪定が欠かせません

DSC08477_R.JPG

ノウゼンは一日花ですが、次々開花してきます
ノウゼンの株元には落ちた花で敷き詰められることもあります
蜜が豊富なのでしょうか、アゲハが良くやってきます
挿し木で繁殖ができますが、鉢植えでは無理があると思います
日当たりのいい場所に植えてください
大手園芸店には苗木も通信販売されます

DSC08476_R.JPG

ピーナッツ


DSC08498_R.JPG

ピーナッツは体にいい成分を多くくふくもので
積極的に食べたい食品ですが
私たちは普通ピーナッツと言えば
炒った物ですが、ほかにもおいしい食べ方があるっそうです

DSC08496_R.JPG

しかし、それらは市販されることなく
農家の特権のようなものです
先ず取れたてのピーナッツをゆでるのだそうです
これはあのコリコリとした炒り豆と違い
本当に柔らかくおいしくていくらでも食べられるそうです

DSC08497_R.JPG

またさっと茹でたものをすりつぶし
味噌や砂糖などと合わせる、ピーナツ味噌も最高だそうです
都会の人はピーナッツの育つところなど見たくても見られませんが
花が咲いた後、花茎が伸びて地中に潜り
そこで豆が実るのです
害虫に大事な豆を食べられない匠な知恵でしょうか
但し一度栽培すると豆を収穫しきれず少し残ったものが
来年も発芽して雑草状態になるらしいです

DSC08500_R.JPG

胡蝶蘭に奮闘中

DSC09250_R.JPG

いま栽培中の胡蝶蘭につぼみがついて花茎が長く伸びてきました
この胡蝶蘭、開店祝いに送られたというものを譲りうけました
今までシンピジュームは長らく育てて来ましたが
胡蝶蘭は初めてで手探りです

DSC09248_R.JPG

なかなかデリケートな花で、開花中の花に触れるのは厳禁
なぜかと言えば、めしべに触れると受粉官僚と間違い
花は急速にだめになるそうです
そこまでデリケートな花なのですね

DSC09249_R.JPG

最初はフラスコの中で生長点培養からはじめて
数年たってようやく開花に至るといいます
高価なのもうなずけます
まだまだ初心者わからないことだらけの胡蝶蘭
ようやくつぼみができてほっとしています
写真は園芸店の物です

DSC09247_R.JPG

ニューギニアインパチェンスインパチェンス

DSC09210_R.JPG

インパチェンスはアフリカ系とニューギニア系があります
日本ではホウセンカが仲間です
日本に流通が始まったのは今かだ50年ほど前だそうです
歴史は新しい草花ですが
夏中花が楽しめるので、今では夏の花の主役です

DSC09209_R.JPG

もともとはジャングルの下草だそうです
ジャングルは木漏れ日の日差しと高い空中湿度
適度な保水力のある土壌
時おりやってくるスコール
このような原産地の環境です

DSC09207_R.JPG

ですからな日本では夏の気温には耐えますが
冬は室内で保護しないと枯れてしまいます
本来は多年生です
真夏の直射日光が苦手なので半日陰に置きます
根がいつもジメジメしているのも嫌いで
根腐りを起こしますがそれ以外は管理しやすい草花です

DSC09208_R.JPG