ジンジャー

DSC08396_R.JPG

爽やかな香りの植物ジンジャー
白い蝶々が舞い降りたかのような花で
蝶々この植物の特徴は、なんと言いましてもその香りでしょうか
ショウガ科の多年草でして、しょうがのさわやかな香りがします

DSC08397_R.JPG

原産地はマレーシアあたりのねったおい多雨地域です
そのため日本の冬は地上部は枯れてしまいますが
よほどの厳寒地でなければ球根は生きています
翌春には地温の上昇と共に新芽が出てきます

DSC08400_R.JPG

植物を育てる場合できるだけ原産地の気候に近づけることが大事です
そのためジンジャーも水切れに注意して
肥沃な土にしてあげてください
日当たりはもちろん良好な場所です
後は植えっぱなしで毎年美しく花を咲かせてくれます
球根は通販で入手可能です

DSC08398_R.JPG

ブルーキャッツアイ

DSC08435_R.JPG

ネコの眼に似ているからとこの名前がついちゃそうですが
私は少しも猫の目に似ているとはお思いませんが
別の名前オカタンサスともいうそうです
ブラジルの植物で、ゴマノハグサ科の花です

DSC08434_R.JPG

耐寒性がなく冬の管理は温室が欲しいところです
暑さにはさすがブラジル出身というだけのことがありますが
今の時期になると園芸業者が温室管理が必要なものを放出してきます
お買い得と言えばその通りですが、完全に冬越し出来ての話です

DSC08432_R.JPG

増やすには初夏に挿し芽を行います
後は過湿と水切れに気を付けてください
もちろん日当たりのいい場所は当然ですが
真夏の直射日光は、できれば低減してあげてください
後は適宜、この適宜が実は難解ですが肥料を施してください


DSC08431_R.JPG

フウセントウワタ

DSC08473_R.JPG

丸く布袋様のお腹の様に膨らんだものは
フウセントウワタの果実です
この中には綿毛の付いた種がたくさん詰まっています
やがて空気が乾燥する秋の終わりには
袋がはじけて、中から綿毛が飛び出します

DSC08470_R.JPG

フウセントウワタはガガイモ科の植物です
ガガイモの綿毛も長くてキラキラしていてとてもきれいですが
この仲間はみんな綿毛で種を移動させ子供を増やしてゆきます
フウセントウワタは本来は宿根草ですが
南アフリカが原産でして、日本の冬は厳しいようです

DSC08471_R.JPG

そこでこの綿毛の一端に着いた種を取り
春に蒔き付けて新しい株を育てます
発芽温度が25度程度ですので
八重桜の散るころに植えるとちょうどいいと思います
もちろん日当たりのいい場所というのは言うまでもありません

DSC08472_R.JPG

デュランタ

DSC08405_R.JPG

藤色のきれいな花が咲くデュランタです
クマツズラ科に属します
熱帯生まれの花木です
そのため冬越しのむつかしい地域もありますが

DSC08404_R.JPG

海沿いの地域でしたら最低気温もさほど厳しくないので
庭植えでも十分育ちます
植える場所は絶対に日当たりのいい場所
それも背後にブロック塀や建物の壁があるとなおいいです

DSC08402_R.JPG

そのわけは、冬の夜間に日中暖まったコンクリートブロックが
放熱装置となりデュランタを守ることができます
条件さえよければ周年開花します
増やすのは初夏に挿し木で増やせます

DSC08401_R.JPG

ムカゴ

DSC00004_R.JPG

ムカゴが出来ました
ムカゴとは、山芋の種??です
この丸いものを畑に植えますと春には山芋の子供ができます
畑だけに限らず山の中でも同じように山芋が育ちます

DSC00005_R.JPG

この球形のムカゴ、少し触れるだけでポロリと零れ落ちます
もしこれが斜面でストはるか遠くまで転がり落ちるのです
そこから新天地到着とばかりに目を出すという仕組みです

DSC00002_R.JPG

ムカゴはたくさん取れたら,炒って塩を振ると
お酒の肴の一品になります
またご飯に炊きこんでも変わったムカゴ飯になります
そのほか天ぷらにしても食べれれます
でも最近の人はこれを取ってきた経験のある人すら少なくなりました

DSC00001_R.JPG

珍しい・・トウチジンジャ

DSC08554_R.JPG

真っ赤な花少し見慣れていないせいか奇妙にみえますが
しょうがの仲間のトウチジンジャーという植物
マレーシアなどの熱帯に生育するという
日本ではめったに見られないと思います

DSC08555_R.JPG

この花を見かけたのは河内長野市の花の文化園
花の姿は違いますが
沖縄などに生えるという月桃によく似ています
この月桃もしょうがの仲間です
それでもイメージのわかない人はミョウガを大きくしたと思ってください

DSC08552_R.JPG

トーチジンジャーは花も食用になるそうです
カレーに入れて煮込んだりするそうですが
果たしてどんな味なのでしょうか
そういえばカレールーもしょうがや唐辛子が入っていますものね
あの黄色い色はこれもしょうがの仲間ウコンの黄色です

DSC08553_R.JPG

寄せ植え

DSC08599_R.JPG

歩行者専用の橋の上にこのようなよせうえが並べれれていました
なかなか豪華な鉢植えです
ここを通る人々の心を和ませてくれます
しかし、これを管理される担当の方のご苦労は大変でしょう

DSC08598_R.JPG

毎日重たい水をもってきての潅水
カンカン照りの下での花柄摘み
橋の上ですから当然日陰はありませんよね
それでもここを行く人々の事を思い
懸命にお手入れをされているのでしょうありがとうございます

DSC08597_R.JPG

日本の政治は今非常にギスギスしています
政治家の皆さんにもこの花を愛する人の心を持ってほしい
それから、親が子供を虐待させて死に至らしめる
こんなあってはならないことが平然と行われる
皆一度園芸を習ってみなさいよと言いたいです

DSC08596_R.JPG

シマトネリコ


DSC08585_R.JPG

いま新興住宅地に行きますとお庭にはたいていこれが植えてあります
シマトネリコは沖縄など亜熱帯の植物ですが
ミカンが実るような地域では問題なく育ちます
しかし幼木の時は柔らかい感じなのですが

DSC08586_R.JPG

生命力が強いので後々困ることにもなりかねません
木の高さは数メートルになり枝葉がとてつもない勢いで展開します
それで毎年思い切り剪定をしなければなりません
その選定した枝葉の処分もどうすればいいのかというほどの量になります

DSC08588_R.JPG

植えるならば南向きの日の当たる場所がいいのですが
そこにでっかく育ったシマトネリコが居座れば周辺が日陰に
そんなことから地植えにするのは少々問題のある植物ですが
いま盛んに白い花を咲かせています
これは見事で美しいです

DSC08587_R.JPG

シロシキブ

DSC08592_R.JPG

ムラサキシキブの仲間です
ですが実は白いままですがつやつやした実がきれいです
東アジア原産の落葉小木です
そのため暑さ寒さに強く、庭植えのままで冬が越せます

DSC08591_R.JPG

育てていますと、株元からひこばえが盛んに出てきます
これを放置したままですと込み合って風通しも悪くなります
冬に落葉した後枝透かしの剪定と共に
ひこばえも込み合わないように剪定します

DSC08590_R.JPG

挿し木でも増やせますが、実をとり果肉を除き
土にまきますと、春には芽が出て新しい株ができます
置き場所は日当たりのいいところで
水切れのしないようなところがいいのですが
庭植えの場合何も心配しなくてもいいでしょう

DSC08594_R.JPG

クレマチス

DSC08580_R.JPG
変わったクレマチスが咲いていました
一般的にクレマチスは春咲きが多いのですが
今の時期に咲くものは珍しいと思います
クレマチスはつる性で、その蔓が丈夫なことから鉄線とも言われています

DSC08583_R.JPG

野生では今を盛りと白い花を咲かせている
センニンソウという野生の花があります
これらがクレマチスの御先祖様です
いずれもつる性で、他の植物に絡みながら成長してゆきます

DSC08584_R.JPG

これらキンポウゲ科の植物の多くは有毒です
茎を切ったときに出る汁が肌に着くと激しくかぶれます
しかし花が美しいので世界中に愛好家が広がっています
お手入れの際はゴム手袋などをご用意ください
多くの品種で挿し木で増やせます
DSC08579_R.JPG

ツルバキア


DSC08575_R.JPG

ツルバキアはハーブの仲間です
ユリ科のネギに近い植物で、花は甘い香りがします
品種は数種類あるそうです
南アフリカ原産の球根性の多年草です


DSC08576_R.JPG

日本の気候にも適合してよく増えるのですが
冬の最低気温はマイナス5度だといいます
とりあえずミカンの栽培されている地域なら大丈夫でしょう
たとえそれ以下に気温が下がる地域でも
簡単な防寒で耐えてくれると思います

DSC08572_R.JPG

水はけのよいところが大好きという植物です
はなの終わったものをそのままにしておくとタネができますが
この種からも育てることができます
花の期間が長いので、適宜施肥は行ってください
園芸店にも出回りますが
無ければネット通販を検索してみてください

DSC08576_R.JPG

コリウスの吊り鉢

DSC08531_R.JPG

コリウスを何種類か寄せ植えして
吊り鉢にしているレストランです
このような観葉植物を寄せ植えして
吊り鉢にするのはなかなか素敵なものですね

DSC08532_R.JPG

今は培養土は土そのものではなく、新しい素材が出てきました
軽くてしかも保水力のあるものが出回っています
吊り鉢での悩みは普通の土にしますと
その重量がかなりなものになります
強風の時に落下したりして悪くすれば事故のもとです

DSC08534_R.JPG

コリウスは今が一番美しい時期です
夏の間なら差し芽で簡単に増えますので
の皆さんも来年は吊り鉢を試みられてはいかがでしょうか
コリウスの他、ポトスなどもこのような用途に向いています
いろいろな観葉植物でぜひお試しください

DSC08533_R.JPG

ヤブラン

DSC08571_R.JPG

ヤブランの花が咲いています
ヤブランとはユリ科の多年生植物です
いま紫色の花が咲いています
やがて黒い丸い実が実ります
なかなか和の趣がある植物です

DSC08570_R.JPG


原産地は東アジアです
そのため日本の厳しい冬の気候も
猛烈な暑さの夏もよくしのいでくれます
そんなことから庭園の根締めなどに植えられているのが多いです

DSC08595_R.JPG

もともと山野草で雑木林などに行けば見かけることもあります
そんな自然の姿からして放任栽培でも構わないのですが
数年も経ちますと株が込み合います
そんな場合株分けをして更新してあげてください

DSC08568_R.JPG

ブラジルヤシ

DSC08537_R.JPG

ブラジルヤシに鈴なりの実がなっています
別名ココスヤシともいうそうですが
最近はシンボルツリーにヤシの木を庭に植える人が増えているのだそうです
値段は数十万円もするというのになぜか人気のヤシの木です

DSC08538_R.JPG

このブラジルヤシの実は
ウズラの卵ほどの実がびっしりとついています
もうすぐ熟して茶色くなってきます
そうなれば食べられるのです
かなりの甘さです、デーツというのがありますが
ちょうどそれに近い味です
デーツもヤシの仲間ですが

DSC08535_R.JPG

やがてブラジルヤシの実は季節の移ろいと共に
実を落としてゆくのですが
落ちた実を拾ってきて果肉を除去します
いま植木鉢に植えていますが、発芽してまいりました
これを植えるような広大な庭がないのでどうしましょう

DSC08540_R.JPG

夏の終わりの花壇

DSC08512_R.JPG

先日来の猛暑に花壇の花たちもへとへとという感じです
ノゲイトウや、千日紅が植えられています
どちらも極めて丈夫な花たちですが
鑑賞する人間も、手入れをされる皆さんもお手上げです
でもなんだか紅葉の山々の様でいいですね

DSC08515_R.JPG

ノゲイトウはヒユ科の草花です
ろうそくの炎の様に垂直に伸びた花が独特です
一方千日紅はケイトウと同じ仲間のヒユ科の花です
これらの花は昔は仏花としてもよく用いられてきました
切り花として丈夫だからです

DSC08514_R.JPG

千日紅はドライフラワーが簡単に作れます
またケイトウも日陰干しをすればいい感じのドライフラワーになります
作り方は簡単です花を束ねて、葉を除去した後
逆さにつるしておくだけです
いっしょに作ったネコジャラシなどと飾ってください

DSC08513_R.JPG

コリウスがきれい

コリウスが真っ赤です

DSC08519_R.JPG

コリウスはシソの仲間ですが
夏の間も美しいのですが、秋にはさらに見事になります
いろんな色彩のコリウスがありますが
一つの色だけでまとめるとこのようになります

DSC08518_R.JPG

コリウスの生まれ故郷は南アジアです
熱帯では宿根草、多年草だそうです
日本の冬は超えられませんから当然一年草あつかいです
しかし室内に持ち込めば越冬も可能です
でも種も安価ですから、春に種をまくほうが早いですね

DSC08517_R.JPG

夏の間なら差し芽でも簡単に増やせます
秋になると花が立ち上がってきますが
この花穂は摘み取ってください
株が弱らずコリウスを長く楽しめます
出来れば真夏は西日を避けて育てるのがいいでしょう

DSC08520_R.JPG


パンパグラス



DSC08510_R.JPG

パンパグラスが美しい穂を出しています
中秋の名月に間に合いました
パンパグラスは南アメリカのアルデンチンの草原の植物
これが見渡す限り草原一面に生えているのでしょう

DSC08509_R.JPG

しかしここに人間が迷い込んだら大変なことに成ります
草の葉のエッジは剃刀の刃のように鋭く
少し触れるだけで出血してきます
どこかの政治屋さんみたいに面の皮が厚いといいのでしょうが

DSC08511_R.JPG

パンパグラスは寒さにも強く日本の気候にも適合しています
もちろん、冬は地上部は枯れますが
年々生育域を広げてゆきますので
思い切った株の切断作業などが必要です
草丈は3メートルにも達します
いちど植えると大変です

DSC08508_R.JPG

パンパグラス



DSC08510_R.JPG

パンパグラスが美しい穂を出しています
中秋の名月に間に合いました
パンパグラスは南アメリカのアルデンチンの草原の植物
これが見渡す限り草原一面に生えているのでしょう

DSC08509_R.JPG

しかしここに人間が迷い込んだら大変なことに成ります
草の葉のエッジは剃刀の刃のように鋭く
少し触れるだけで出血してきます
どこかの政治屋さんみたいに面の皮が厚いといいのでしょうが

DSC08511_R.JPG

パンパグラスは寒さにも強く日本の気候にも適合しています
もちろん、冬は地上部は枯れますが
年々生育域を広げてゆきますので
思い切った株の切断作業などが必要です
草丈は3メートルにも達します
いちど植えると大変です

DSC08508_R.JPG

センニンソウ

DSC08501_R.JPG

今の時期あちこちの山野に純白の花が咲くセンニンソウを見ることができます
東アジアが原産のキンポウゲ科の有毒植物です
中国ではこれの根を掘りだして漢方薬に利用しているそうですが
利用日本では民間が細々と危ない療法をしている程度です

DSC08502_R.JPG

センニンソウとは、これの種が長い綿毛をつけています
もじゃもじゃとカールした様が
昔話に登場する仙人の鬚によく似ていることから
センニンソウと名前が付いたようです

DSC08506_R.JPG

センニンソウの茎の汁が肌に着くと
激しい皮膚炎を引き起こします
除草作業の時などはご注意ください
そして皮膚炎を強制的に起こして
それが扁桃腺炎の治療になるというのですが
やはり外科か呼吸器科のお世話になるほうが良いようです

DSC08505_R.JPG

女郎花オミナエシ

DSC08494_R.JPG

秋の空にオミナエシの花がよく似合います
なぜこの花を女郎花と書くようになったのでしょう
以前は里山にもよく生えていましたが
現在では全く無くなりました

DSC08495_R.JPG

オミナエシは仏花によく使われてきました
そのため山間部のおうちの庭先にはたいてい植えています
日当たりさえよければ元気に育ちます
でも背丈が高くなりますので
適当な高さで摘芯をすればこんもりといい感じになります

DSC08493_R.JPG

オミナエシは女飯の意味もあるのだそうです
食糧事情の悪い昔、女は黄色いアワ飯を食べていた
男はお米の白いご飯オトコエシを食べていたという
オトコエシはまだまだ山間部にはたくさん見られます
この男女差別女性には気の毒な名前です

DSC08492_R.JPG

ハツユキソウ



DSC08491_R.JPG

ハツユキソウはポインセチアなどの仲間です
アメリカが原産地です
トウダイグサ科の植物です
暑さには耐えますが寒さには強くありません

DSC08489_R.JPG

真夏にまるで雪をかぶったかのごとく白い葉は特異です
農家ではこれを田んぼの片隅に作った花畑に植えています
そんな場所のハツユキソウはすこぶる順調な成育です
やや湿った場所がお気に入りの様です

DSC08488_R.JPG

放任しますと背丈が高くなりすぎますので
適宜摘芯を行いますとこんもりとした姿になります
なお、摘芯の際出た茎の汁はかぶれを引き起こすことがありますので
ビニール手袋など用いますと安心です
花は咲くのですがほぼ目立ちません

DSC08487_R.JPG

クレオメ

DSC08485_R.JPG

日本の粋な方が付けた名前は酔蝶花です
この花は夕方には咲きだし、日の出とともにしぼみはじめ
一日で花は終わりなのです
その途中で花の色が白から紅色に変化します
朝顔の変色と同じ現象です
これを見てあたかも酒を飲んで色が赤くなったという見立てです

DSC08484_R.JPG

写真を撮った時間は午後でして
相当花がしぼんでいますがお許しください
原産地は熱帯アフリカだそうです
その事からすれば日本の夏も平気なのですね

DSC08483_R.JPG

普通は春に種をまいて育てます
移植を嫌いますので園芸店に苗が出回ることはありません
ネコの鬚のようなものが魅力ですね
もうすぐヒガンバナも咲くのですが
ヒガンバナの葯もこのように長く伸びているいます

DSC08482_R.JPG

これはLINEを装ったフイッシング このメールはLINE]を装ったフィシングと思われます

急報
axcgaowqelgngukhctcncrspiwjzmchcxjfvpkibdlxlswjhqydaitvokseyifaqaqhpfqvyajevjqaviqqcxpeo
お客様のLINEアカウントに異常ログインされたことがありました。。
jeeorzdfytmuiqeojksqcurlmletuyvpdntuthyxyglltxglfxqlrneezlcwbcnbehqcwuvbvuyrcpyjodxmfymu
お客様のアカウントの安全のために、ウェブページで検証してお願いします。こちらのURLをクリックしてください。
gvnxthpvyxfrqkrbiipoarkiidaltybzpxmnkzvbtcrmyfvxrzbghfvvdbjsdwpskoskddveyxmtqizjljqudhfg
安全認証アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するためLINE 情報を確認する必要・ェあります。
xwcsqmitntvvukiorabnuokjurqmbhxntkocxfffmbsxuklkqghgoaaqigrftvoievzncxpahmlqfpvunecxhjbo
今アカウントを確認できます。LINE ログイン なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。
fchqurwchuzchvbmhwrjousrqcvszfffvfgogjylomfqairvjatiqxbozpvkzrjvgecmqpgyuadwtgrvblrnskwg



こんなメールが届いたらご注意ください

ノウゼン

DSC08478_R.JPG

ノウゼンカズラが咲き競っています
ノウゼンは中国原産の物が一般的ですが
アメリカ系の物もあります
またその交雑種も流通しているようです

DSC08479_R.JPG

中国に由来するから寒さには強いです
冬は完全落葉しますが、春には萌芽してきます
何にでもから三ついてよじ登る性質があります
木質の物なら値を内部に食い込ますようです
それで毎年冬に適切な剪定が欠かせません

DSC08477_R.JPG

ノウゼンは一日花ですが、次々開花してきます
ノウゼンの株元には落ちた花で敷き詰められることもあります
蜜が豊富なのでしょうか、アゲハが良くやってきます
挿し木で繁殖ができますが、鉢植えでは無理があると思います
日当たりのいい場所に植えてください
大手園芸店には苗木も通信販売されます

DSC08476_R.JPG

ピーナッツ


DSC08498_R.JPG

ピーナッツは体にいい成分を多くくふくもので
積極的に食べたい食品ですが
私たちは普通ピーナッツと言えば
炒った物ですが、ほかにもおいしい食べ方があるっそうです

DSC08496_R.JPG

しかし、それらは市販されることなく
農家の特権のようなものです
先ず取れたてのピーナッツをゆでるのだそうです
これはあのコリコリとした炒り豆と違い
本当に柔らかくおいしくていくらでも食べられるそうです

DSC08497_R.JPG

またさっと茹でたものをすりつぶし
味噌や砂糖などと合わせる、ピーナツ味噌も最高だそうです
都会の人はピーナッツの育つところなど見たくても見られませんが
花が咲いた後、花茎が伸びて地中に潜り
そこで豆が実るのです
害虫に大事な豆を食べられない匠な知恵でしょうか
但し一度栽培すると豆を収穫しきれず少し残ったものが
来年も発芽して雑草状態になるらしいです

DSC08500_R.JPG

胡蝶蘭に奮闘中

DSC09250_R.JPG

いま栽培中の胡蝶蘭につぼみがついて花茎が長く伸びてきました
この胡蝶蘭、開店祝いに送られたというものを譲りうけました
今までシンピジュームは長らく育てて来ましたが
胡蝶蘭は初めてで手探りです

DSC09248_R.JPG

なかなかデリケートな花で、開花中の花に触れるのは厳禁
なぜかと言えば、めしべに触れると受粉官僚と間違い
花は急速にだめになるそうです
そこまでデリケートな花なのですね

DSC09249_R.JPG

最初はフラスコの中で生長点培養からはじめて
数年たってようやく開花に至るといいます
高価なのもうなずけます
まだまだ初心者わからないことだらけの胡蝶蘭
ようやくつぼみができてほっとしています
写真は園芸店の物です

DSC09247_R.JPG

ニューギニアインパチェンスインパチェンス

DSC09210_R.JPG

インパチェンスはアフリカ系とニューギニア系があります
日本ではホウセンカが仲間です
日本に流通が始まったのは今かだ50年ほど前だそうです
歴史は新しい草花ですが
夏中花が楽しめるので、今では夏の花の主役です

DSC09209_R.JPG

もともとはジャングルの下草だそうです
ジャングルは木漏れ日の日差しと高い空中湿度
適度な保水力のある土壌
時おりやってくるスコール
このような原産地の環境です

DSC09207_R.JPG

ですからな日本では夏の気温には耐えますが
冬は室内で保護しないと枯れてしまいます
本来は多年生です
真夏の直射日光が苦手なので半日陰に置きます
根がいつもジメジメしているのも嫌いで
根腐りを起こしますがそれ以外は管理しやすい草花です

DSC09208_R.JPG