コリウスがきれい

コリウスが真っ赤です

DSC08519_R.JPG

コリウスはシソの仲間ですが
夏の間も美しいのですが、秋にはさらに見事になります
いろんな色彩のコリウスがありますが
一つの色だけでまとめるとこのようになります

DSC08518_R.JPG

コリウスの生まれ故郷は南アジアです
熱帯では宿根草、多年草だそうです
日本の冬は超えられませんから当然一年草あつかいです
しかし室内に持ち込めば越冬も可能です
でも種も安価ですから、春に種をまくほうが早いですね

DSC08517_R.JPG

夏の間なら差し芽でも簡単に増やせます
秋になると花が立ち上がってきますが
この花穂は摘み取ってください
株が弱らずコリウスを長く楽しめます
出来れば真夏は西日を避けて育てるのがいいでしょう

DSC08520_R.JPG


パンパグラス



DSC08510_R.JPG

パンパグラスが美しい穂を出しています
中秋の名月に間に合いました
パンパグラスは南アメリカのアルデンチンの草原の植物
これが見渡す限り草原一面に生えているのでしょう

DSC08509_R.JPG

しかしここに人間が迷い込んだら大変なことに成ります
草の葉のエッジは剃刀の刃のように鋭く
少し触れるだけで出血してきます
どこかの政治屋さんみたいに面の皮が厚いといいのでしょうが

DSC08511_R.JPG

パンパグラスは寒さにも強く日本の気候にも適合しています
もちろん、冬は地上部は枯れますが
年々生育域を広げてゆきますので
思い切った株の切断作業などが必要です
草丈は3メートルにも達します
いちど植えると大変です

DSC08508_R.JPG