干し柿

DSC05576_R.JPG

冬の風物詩、軒先に干し柿がつるされています
柿には渋柿と甘柿がありますが、渋柿を干して
渋みが無くなった物はとりわけおいしいものです
今の世代の人たちはナイフや包丁で柿などの皮がむけない
だから果物は食べないようです

DSC05579_R.JPG

果物の中でも柿はとりわけおいしいものですが
渋柿をこつこつと皮を剥いて太陽に当てれば
もうこれはどのようなお菓子よりも上品な甘さの物となります
和歌山には、かつらぎ町四郷という山間の集落があります
ここは串柿の名産地です
集落中に柿のすだれができるほどです

DSC05575_R.JPG

毎年初冬には串柿を干す風景がTVなどで放送されます
この串柿は食べるというよりも
お正月に鏡餅と共に飾るための串柿です
もちろん食べてもおいしいのですが
一本の串に10個の柿を通します
夫婦にこにこ仲睦まじくという残った貴重品、スガ
両端に2個ずつ真ん中に6個の柿が通されます
この干し柿風景が放送される頃寒波がやってくるのです

DSC05577_R.JPG


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント