パキスタキス

IMG_0146_R_R.JPG

パキスタキスはキツネノゴマ科の植物です
原産地は熱帯アメリカペルーだそうです
そこには数種類の仲間が生育しているそうですが
日本では黄色い花の物が良く栽培されています

IMG_0145_R_R.JPG

黄色い部分は実は苞でして、白いのが花です
花はすぐにだめになりますが
苞の黄色は長く残り鑑賞できます
日本では冬を越すのが大変で外ではだめです
最低温度は5度を確保しなければ枯れてしまうのです

IMG_0144_R_R.JPG

その代わり夏野間はすこぶる元気に育ち
ふるさとを思い出させる様な日本の夏元気です
繁殖は挿し木だそうです
でも一般には挿し穂を取れるような状況ではないですね

IMG_0143_R_R.JPG
入手は通信販売などに頼るしかありません

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント