オシロイバナ

DSC00004_R.JPG

オシロイバナの咲く季節になりました
南アメリカ原産の多年草ですが
冬は地上部は枯れてなくなります
地中に根塊があり春にはそこから新しい芽が出てきます


DSC00001_R.JPG

日本へは江戸時代に入って来たらしいです
別名を夕化粧ともいうそうです
そのわけは、夕方陽が沈むころに花を開くからです
また、花は日の出とともに閉じてゆきますので
朝寝坊さんにはこの花の開いているのは見ることができません

DSC00003_R.JPG

花が終わるとやがて黒い数ミリの球形の種ができます
その種の中には澱粉が入っていて
昔の子供たちは石などで種をつぶして、澱粉をおしろいに見立て
頬に塗りままごと遊びなどをして遊んでいました
タネは誤食しますと下痢などの中毒症状が出ますご注意ください

DSC00002_R.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント