カワラナデシコ

DSC00069_R.JPG


カワラナデシコが可愛く咲いています
秋の七草のひとつです
ヤマトナデシコとも言いますけれど
日本の女性を代表する言葉でもあるのですが
最近その意味の女性が少なくなりました

DSC00070_R.JPG

カワラナデシコそのものも非常に減少してきて
各地で絶滅危惧種に指定されていたりします
東アジアが原産のナデシコ科の多年草です
カーネーションなどと親戚関係です

DSC00071_R.JPG

私の町に生石山と言う山がありますが
そこは毎年ススキの原を山焼きをしますので
カワラナデシコもわずかに残っていますが
漢方では通経、気管支炎などの治療薬です
種まきや差し芽で増やせます


DSC00072_R.JPG

ヒオウギ

DSC00065_R.JPG

ヒオウギはアヤメ科の多年草で日本の他アジアの原産です
ちょうどこれから斑点のある美しい花を開きますが
残念ながら一日花の短い運命です
残った蕾が毎日咲き続けるので花そのものは途絶えることがありませんが


DSC00066_R.JPG

我が家にも飛騨の山奥でもらってきた種をまきました
毎年花を楽しんでいたのですが
ことしの超長い梅雨のため根腐れを起こしたらしく
残念ながら枯れてしまいました
そのことからやや乾燥気味に育てたほうがいいようです

DSC00064_R.JPG

タネは真っ黒な玉の種でして、これをヌバタマと言います
ヒオウギの根は漢方薬になるそうで
ヤカンと言う生薬で、風邪ひき,喉の痛み
気管支炎などに効果があるそうです
この秋に種をもう一度まいて再出発します

DSC00063_R.JPG

オニユリ

DSC00052_R.JPG

いまがオニユリの花が咲く季節です
アジア原産のユリ科多年草植物で
日本へは中国経由で入って来たらしい
栽培はされていて、食用のゆり根を取るために栽培されるのですが
今では山野にも野生化したものが随所に花を咲かせtれいます

DSC00051_R.JPG

花弁が赤く反り返った様子を鬼の顔に見立てたのでしょうか
ゆり根は気管支炎や、鎮咳去痰の薬理作用があり
お正月のオセチに加えるのは薬効を期待してでしょうか
オセチの残りのっ球根を土にうずめておいても育ちます

DSC00055_R.JPG

繁殖は球根からの他に
葉の付け根に黒い丸い球ができます
これをムカゴと言いますが、ムカゴを植えても花が咲きます
ムカゴは手で簡単に外せますので
オニユリを栽培されたいと\思う方は
球根を掘り取るのでひゃなくムカゴから育ててください
そうして保存さえすれば親株は翌年花が咲きますので

DSC00054_R.JPG

ホソバヒャクニチソウ

DSC00002_R.JPG


ヒャクニチソウの仲間でジニアの一種
メキシコ生まれの一年草で、よく花がつきます
最近では人気の草花です、花は一重咲きです
草丈も低く管理も楽ですから人気が出るのも当然です

DSC00005_R.JPG

本来のヒャクニチソウはうどん粉病にかかることがありますが
このホソバヒャクニチソウはうどん粉病に対して耐性があります
最近では両者の交配したものが流通しています
植える場世は日当たりと風通しの良い場所が適しています

DSC00004_R.JPG

繁殖は種まきと差し芽がありますが
種まきは発芽温度が高いのであまり早蒔きはしくじります
地植えの場合自然の水分で十分育ちます
鉢植えの場合は表面が乾いたらたっぷりと与えます
花期が長いので、時々追肥もお忘れなく

DSC00003_R.JPG

トレニア

DSC01010_R.JPG


スミレに似た花を夏の間長く楽しめます
アフリカから南アジアが原産でおよそ40種類の原種があるという
そこから交雑を繰り返し様々な品種が出回ります
夏の花壇には一つ植えておきたい草花です

DSC01008_R.JPG

本来は多年草ですが、日本の冬は越せません
そのために鉢植えにして屋内保存をすれば可能ですが
大変丈夫な花で、前年のこぼれだねからでも生えてきます
また差し芽も簡単で栽培は容易な花です

DSC01012_R.JPG

ただ水切れを差せない工夫が大切です
やはり夏には雨量が多い南アジアの気候に合わせてやらねばなりません
病害虫は余りないのですが、たまにアブラムシが
オルトランなどの散布で簡単に防げます
伸びすぎた茎は半分程度に剪定すれば花がよみがえります

DSC01013_R.JPG

ヤブカンゾウ

DSC00061_R.JPG

オレンジ色の美しい花が咲いています
ノカンゾウは一重咲き、こちらは八重咲なので多分ヤブカンゾウ
ユリ科の多年草で日本はじめ東アジア原産です
やや湿った渓流沿いや、池の堤などによく見られます

DSC00060_R.JPG

早春の新芽は山菜としておいしく
また蕾も湯がいて酢の物などに食べられます
かなりおいしいほうの山菜に分類する野草です
この花の乾燥したものは金針采と言う漢方薬になります
風邪ひきや,、不眠症、利尿剤としての効能があるようです


DSC00059_R.JPG

栽培は山野に生えるのを株分けするのがいいでしょう
根元に球形の根塊がありますからこれごと株分けします
やや湿ったところが好きなので地植えがいいと思います
野草ですから目だった病虫害も無いようです
もちろん種から育成も大丈夫です

DSC00058_R.JPG

クチナシ

DSC00016_R.JPG

八重咲の純白の花がいい香りを放ちます
オオハナクチナシ、あるいはヤエクチナシとも言われます
キョウチクトウ,金木犀、と並んで3大名香と言われています
普通クチナシの実はサンシシと言われていて
食品の着色料などに使います

DSC00014_R.JPG

この八重咲クチナシは実ができませんので
挿し木で増やします、いまなら簡単に着きます
しかし、この花には大敵があるのです
オオスカシバと言う昆虫の幼虫
これは大食漢でこれがが付くとクチナシが丸坊主

DSC00013_R.JPG

丸々と太った緑色の青虫です気を付けてください
クチナシは夏に来年の花芽ができますが
剪定が遅れますと花芽を切ることになります
そのため剪定をするなら、花の後すぐにです

DSC00011_R.JPG

サルビア

DSC01000_R.JPG

夏の花壇には欠かせない花サルビア
真っ赤な燃えたつようなサルビアスプレンデンスはみんなに親しまれています
原産地はブラジル他のシソ科の多年草ですが
日本の冬は越せないので一年草扱いです
屋内に入れて育てれば越冬できます

DSC00999_R.JPG

夏の真っ盛りに育つ花ですから、水はたっぷり与えます
肥料も時々忘れずに施してください
大事なのは花柄摘みですが
多数の花柄を取るのは大変ですので
花茎の根元で切り取ります

DSC01001_R.JPG

そして伸びすぎた枝はついでに剪定して脇芽をださせてください
そうする事でこんもりとよりたくさんの花が楽しめます
また差し芽で増やすこともできますのでお試しください
普通は種まきからですが、気温が上がらないと発芽してきませんので
種まき時期おはゴールデンウイーク以降がいいと思います

DSC01002_R.JPG

ニューギニアインパチエンス

DSC01021_R.JPG

ニューギニアが原産のホウセンカの仲間です
花は霜が降りる頃まで咲いてくれんマスが、越冬は難しいです
小苗を作り室内で冬越しさせてください
成育が旺盛で美しい花を株いっぱいに咲かせ続けます
置き場所は半日陰がいいでしょう

DSC01022_R.JPG


ニューギニアの気象条件に合わせるのが最適なのですが
多分こうだろうと言うことで、半日陰がいいと思います
また現地ではスコールが降りますので
それに合わせたような水やり、水切れを起こさないように
一日数回たっぷり与えます

DSC01023_R.JPG

鉢植えの場合茎が伸びすぎたら剪定をしますと
脇芽が伸びてそこにまた花が咲くという
うれしい事になりますので是非行って
その選定した茎は差し芽に活用すれば
さらに株も増やせるというものです

DSC01020_R.JPG

ヒャクニチソウ

DSC00990_R.JPG

百日の間と言う意味ではなくて、長期間花が咲くという
百日草、ヒャクニチソウです
日本へは江戸時代にやって来たそうです
原産地はメキシコでキク科の一年草です
従来は仏花としてのイメージが強かったのですが
今では百日草と、細葉百日草の交配した3つの種がありますがあり
多様な品種が出てまいりました

DSC00989_R.JPG


すこぶる丈夫で作りやすい花です
夏の日差しにも負けじと咲き続ける頼もしさ
ただヒャクニチソウは根直根で移植を嫌うのと
過湿には弱くてむしろ乾燥には耐えるという草花です
日当たりと風と通しの良い場所に植えてください

DSC00988_R.JPG

時にやられるのはうどん粉病です
葉が白く粉を吹いたようになりますが
今はうどん粉病に対する薬剤も各種出ていますし
手っ取り早く重曹を水に溶いて吹きかけても大丈夫です
今ではfフラワーアレンジメントの材料としてもますます人気の花
今ではジニアと言うほうがふさわしくなりました

DSC00987_R.JPG

ハマボウ

DSC00986_R.JPG


ハマボウが色鮮やかに咲いています
アオイ科の落葉低木で日本の他韓国南部にも分布
ハイビスカスの仲間で一日花です
蕾が後から後から開花するので夏中はにぎやかです

DSC00981_R.JPG


本来は塩水のはいる浅瀬に生える植物で
タネは塩の満ち引きや海流によって漂着した場所に芽をだします
しかし最近の海岸の埋め立てなどで成育場所が破壊され
各地で絶滅危惧種になっています

DSC00982_R.JPG

内陸部で植栽の例はあちこちに見られ
今ではすっかり夏の風景の一部になっています
繁殖は種をまくか挿し木で行います
植える場所は日当たりさえよければどこにでも植えられます
高さが5メートルほどになりますので剪定が必要です

DSC00983_R.JPG

アガパンサス

DSC00978_R.JPG


梅雨の雨の中で、アガパンサスが咲いています
南アフリカ原産ユリ科の多年草です
一つの茎に十数輪の花をつけています
夏の暑さには大変丈夫な植物です

DSC00977_R.JPG

原産地南アフリカには20種類ほどの原種があるそうです
それが世界中で交配改良されたのが300種類にも上ると言います
背の高くなる地植え用の物から
鉢植えに向く小型のものまで様々です

DSC00976_R.JPG

植えて見たいと思われる方は方は園芸店で見かけたら根塊を求めます
タネでも構わないのですが種そのものは市販されていないうえ
蒔いてから数年先でなければ花は咲きません
植え場所は乾燥気味の場所に植えてください
アガパンサスは過湿に弱い植物です

DSC00975_R.JPG

サルビアガラニチカ

DSC00017_R.JPG

サルビアの仲間はたくさんあってにぎやかです
シソ科の多年草、原産地南米では低木だそうです
園芸業界ではこれをメドセージと呼んでいます
実はこの命名は最初に輸入した業者が名前を間違えたのが原因だそうです

DSC00016_R.JPG

この花は育てやすくしかもブルーが際立ちます
セージの仲間は全般的に過湿を嫌い尾ます
このガラニチカも水をじゃぶじゃぶ与えますと根が腐ります
むしろ乾燥気味に育てるのがコツです

DSC00013_R.JPG

この花の香りを無視が嫌うそうですから
虫よけに花壇に植えるのはいい事だそうです
肥料は少なめの方が結果はいいようです
冬は地上部は枯れますが、根は残り翌春新芽が出ます
今の時期なら差し芽でつきますよ

DSC00014_R.JPG

キキョウ

DSC00027_R.JPG


いまキキョウが盛んに咲いています
ムラサキの花は美しいですね
キキョウと言えば秋の七草のひとつとして有名ですが
実は今咲いているものは、園芸種でして、
本来の山野に自生するキキョウは秋に花が咲くのです

DSC00022_R.JPG

でも自然状態で生育するキキョウは著しく減少をして
現在では絶滅危惧種になっています
森林の荒廃が,針葉樹ばかりの植林が山そのものの環境を変えてしまいました
これからは秋の六草になりそうです

DSC00023_R.JPG

キキョウの根はサポニンを多く含み、漢方薬です
呼吸器系の疾患に良く聞きます
去痰作用が顕著で、漢方薬ではキキョウ湯として用いられます
キキョウは氷点下10度でも枯れませんので日本中で栽培できます
根は直根なので移植は嫌いますが
挿し芽や株分けなどで増やします

DSC00026_R.JPG

オシロイバナ

DSC00004_R.JPG

オシロイバナの咲く季節になりました
南アメリカ原産の多年草ですが
冬は地上部は枯れてなくなります
地中に根塊があり春にはそこから新しい芽が出てきます


DSC00001_R.JPG

日本へは江戸時代に入って来たらしいです
別名を夕化粧ともいうそうです
そのわけは、夕方陽が沈むころに花を開くからです
また、花は日の出とともに閉じてゆきますので
朝寝坊さんにはこの花の開いているのは見ることができません

DSC00003_R.JPG

花が終わるとやがて黒い数ミリの球形の種ができます
その種の中には澱粉が入っていて
昔の子供たちは石などで種をつぶして、澱粉をおしろいに見立て
頬に塗りままごと遊びなどをして遊んでいました
タネは誤食しますと下痢などの中毒症状が出ますご注意ください

DSC00002_R.JPG

キョウチクトウが開花し始めました

IMG_0291_R.JPG

キョウチクトウは夏の花
インド原産で暑さが大好きです
公害も非常に強く、道路の分離帯や公園樹にも採用されています
花は少しねじれた扇風機の羽根ような形です
これから秋まで花が咲き続けます

IMG_0290_R.JPG

ご家庭で植えたいと思うのは理解できますが
ちょっとお待ちください、夾竹桃は危険な植物です
いや、見ているだけなら何ら危険性がございません
しかし、キョウチクトウ全体が有毒で
その植えた土にまで有毒成分が残るほど

IMG_0288_R.JPG

オレアドリンや、ストロファチンと言う毒が含まれています
間違うと致死するほどで、これの枝で作った箸で食事をして
中毒をしたという事例もあるほどです
燃やした場合灰や煙にも有毒成分が出ますので
ゴミとしての収集は断られます
そのあたりをよくご理解の上キョウチクトウを愛でてください

IMG_0287_R.JPG

ヒツジグサ

IMG_0279_R.JPG

少し変わった花のヒツジグサがありました
ひょっとしたらヒツジグサでない可能性もありますが
ヒツジグサは日本在来のスイレンの仲間です
普通は花弁が何枚もあり少し水面から角度をつけて立ち上がります
この写真の物は花弁が非常に数が少なくて広く大きいのです

IMG_0282_R.JPG

それで一応ヒツジグサと言うことにしておきましょう
ヒツジグサは昔の時刻の呼び方
ヒツジの刻今でいえば14時ごろに咲くからだそうです
実際はもっと早くから夕方まで咲くようですが

IMG_0280_R.JPG

ヒツジグサは鉢に土を入れて植え付け
水中に沈めますが、葉っぱが沈没しない深さに水位を調整
日当たりのいい環境に置けば花がが咲きます
冬は葉が枯れますが大丈夫です
春には再び新しい芽が出てきます
(和歌山市四季の里)


IMG_0284_R.JPG


ブルーベリー

IMG_0274_R.JPG

ブルーベリーはアメリカが原産の落葉果樹です
秋の紅葉も素晴らしく美しいものです
ツツジ科属します
いまからがブルーベリーの収穫時期です
黒くて丸い実は甘くておいしいものです

IMG_0277_R.JPG

このブルーベリーは眼にいと言われていますが
本当でしょうか>全国の眼科医がつぶれないところを見ると・・・
ブルーベリーはおいしいのですが
栽培するうえでの欠点があります
それは一度に熟さないので、毎日少しずつの収穫になります

IMG_0273_R.JPG

繁殖は挿し木で簡単に行えます
ブルーベリーの実をほぐして中の細かい種をまいても発芽します
この実生繁殖は新しい品種が生まれる可能性もありますので
是非挑戦をしてほしいのですが
日本にもシャシャンボとかナツハゼと呼ばれる在来のブルーベリーが
ありますが最近は里山の交荒廃で見かけにくくなりました

IMG_0272_R.JPG

ノウゼンカズラ

IMG_0260_R.JPG

ノウゼンカズラが盛んに花を咲かせています
中國が原産の他、アメリカ原産の物もあります
またこれらの交配した雑種も見られてにぎやかです
花は一日花ですが、旺盛に次々花を咲かせます

IMG_0259_R.JPG

地面には落花したもので花のじゅうたんになります
いちど植え付けるとぐんぐん伸び旺盛に何にでも這い登ります
木造家屋に植えると気根やノウゼンの重量で壊されそうです
ですからこれはどこか崖の斜面に下垂さすとか
フエンスに絡ませる栽培が一番です

IMG_0258_R.JPG

挿し木で簡単に増やせますからお好きな人は今が挿し木の時期
冬に落葉したら思い切り裸になるまで剪定をしてもに大丈夫です
春にはまた新芽が伸びてきますが、過湿は好みません
日当たりのよい水はけの良好な場所が植え場所です

IMG_0257_R.JPG

セキチク

IMG_0253_R.JPG

セキチクは中国が原産だと言われていますが
日本では既に平安時代に栽培されていたといいます
相当な古参ですね
ナデシコ科の多年草草花です、カーネーションも仲間です
フラワーアレンジメントにもよく使われるおなじみの花です

IMG_0252_R.JPG

ナデシコは葉の形が笹のようですが、これが竹に似て
石竹と呼ばれるようになったそうです
栽培はそれほど気を使わなくても上手くゆくのですが
できれば水はけのよい日がよく当たる場所に植えてください

IMG_0250_R.JPG

冬の寒さに会うことで花芽ができるそうですから
鉢植えの場合でも、冬も屋外に置いた方がいいようです
挿し芽でよく繁殖できますし
いま園芸店で改良された新品種の種も売らています
もちろん株分けも可能です

IMG_0251_R.JPG

大雨


IMG_0245_R.JPG

九州各地の洪水被害のすごさにことばもありません
被災された皆様には心よりのお見舞いを申し上げます
私の友達も、九州の知り合いと連絡が取れないと言います
通信回線の不具合から連絡が取れずにいると思うのですが
何とか無事でいてほしいものですね

IMG_0247_R.JPG

私の住む和歌山も2日前から強風と強い雨が降り続きます
今朝は雷が鳴り、強風の中、滝のような大雨が降ります
今朝川の水は警戒レベルを超えて溢れそうになり
先ほど避難準備情報、避難勧告が出されました
しかし川に近づくのは危険ですので川の様子を見に行かないように

IMG_0249_R.JPG



一晩中防災無線の放送がありました
それはいい事なのですが大雨の中内容はよく聞き取れません
幸い携帯電話のエリアメールは度々アラームをならせてくれます
結局一晩中ほとんど眠れないことになりました
早く大雨が収まってほしいものです
皆様のご安全を願います


IMG_0246_R.JPG




ソラナム

IMG_0243_R.JPG

ソラナムの花が咲いています
紫色の花は美しいです
この花はナスの仲間でして、花もナスによく似ています
南アメリカ原産の低木で背丈は2メートル程度です
脇芽がしきりと伸びだしてその先には必ず花が咲きます

IMG_0241_R.JPG

我が家では冬の気温は低くソラナムはすべて落葉してしまいます
しかし春には再び新しい芽が伸びだしてきます
気温さえ確保できれば周年開花だそうですが
なかなかそのような環境を作れませんので放置ですが
屋外に地植えでも無事越冬してくれます

IMG_0240_R.JPG

ごくまれに実がなるそうですが
我が家のソラナムには実がまだなったことがありません
この実は有毒だそうですから食べないようにいたします
ホウズキカメムシと言う、大型のカメムシが盛んにやってきます
これとの格闘のひびです、殺虫剤のスプレー片手に奮闘しています
繁殖は挿し木がお勧めです。簡単に発根いたします

IMG_0239_R.JPG

ニチニチソウ

DSC00909_R.JPG

毎日新しい花が咲くからニチニチソウなのです
熱帯地方の原産でキョウチクトウ科の多年草ですが
日本では冬が越せませんので一年草扱いです
夏の花の少ない時期にも旺盛に花を咲かせてくれます

DSC00908_R.JPG

熱帯原産のためこれからの猛暑も平気なのですが
過湿に弱いので水はけのよい状態にしてあげてください
毎日花が咲くので適切な肥料の供給もお忘れなく
伸びすぎたものは思い切り剪定して脇芽を出して花を咲かせましょう

DSC00907_R.JPG

ただこのニチニチソウは有毒なので気を付けてください
ビンカアルカロイドと言う毒成分を含みます
この成分は細胞分分裂を阻害するそうでして
抗がん剤としても使われるのですが
素人の使用は厳禁
痙攣、麻痺、心停止など重篤な症状が出ます

DSC00906_R.JPG

マンデビラ

DSC00958_R.JPG

マンデビラの花が美しく咲いています
キョウチクトウ科の花木ですが
日本の冬を普通は越せませんので、一年草扱いです
生まれは中米や南米アルデンチン附近なのです

DSC00957_R.JPG

耐寒温度はおよそ10度と言いますから相当厳しいですね
慣れた人で水管理ができればもう少し低い温度でも越冬するようですが
とにかく過湿を避けてあげることです
他の鉢花と並んでおいてしまうとついついでに水を
古株になれば多少の過湿も耐えるようですが

DSC00955_R.JPG

日当たりにおいて育ててゆきますと
肌寒くなるころまで花が咲きます
その後は思い切り剪定をして屋内に取り込むことになりますが
その時樹液に触れた手で口に何かを運ばないでください
キョウチクトウ科の植物はは全般に有毒ですからご用心ください

DSC00954_R.JPG

ポポー

DSC00904_R.JPG

ポポーってなあぁに?
ポポーは果物です、がおなじみじゃありません
北アメリカ原産のバンレイシ科の果樹です
いまはまだ幼果ですがまもなく大きくなります
木の高さは数メートルになりますが剪定で低くできます

DSC00903_R.JPG

ポポーは非常に甘くねっとりとした食感
独特の香りがありますが、この香りを嫌う人もいます
そのために果物屋さんの店頭に出ることはごく稀ですが
いちどポポーを食べた人は、好き嫌いは別として忘れることはございません

DSC00902_R.JPG

上手く果実が手に入ればぜひ種まきをしてください
ただ一度寒さに合わせないと発芽しないのと
発芽温度が25度以上なのでそこを処理するのがコツです
病虫害もほぼなく、暑さ寒さもびくともしない果樹です
実の大きさは握りこぶしほど、完熟すれば自然に落果します

DSC00901_R.JPG

あじさいの最盛期

IMG_0249_R.JPG

梅雨の真っ最中ですが、アジサイには雨が良く似合います
日本原産の花木でおなじみのですが
水分を好むので梅雨の雨を吸って生き生きしています
まもなく梅雨明けと共に紫陽花の花も終わりますが

IMG_0247_R.JPG

アジサイの花は他の植物の様に花が散ることがありません
アジサイそのためいつまでもドライフラワーのような花の残骸が
枝先に残ります
これではアジサイには気の毒なので切り取ってあげてください
アジサイは2年目の枝に花が付きます
そこのところを見極めて剪定をしてあげましょう

IMG_0246_R.JPG

切り取った枝は、葉をほとんど切り取った後
挿し穂として清潔な土に挿してください
案外活着率のいいものです
アジサイにはうどん粉病などが発生することもありますが
良く日に当てて殺菌剤などの塗布をすれば防げます

IMG_0245_R.JPG

ヒシバデイゴ

IMG_0236_R.JPG

いまがヒシバデイゴの花の最盛期
真っ赤な花が異国情緒を醸し出します
我が家に来てからもう20年以上になるでしょうか
どこでで入手したかも忘れたほどです
はじめは小さなポットに入っていました

IMG_0237_R.JPG

今では幹も直径20センチほどにもなりました
この花が咲く梅雨が始まり、咲き終わるころ梅雨があけます
このデイゴは今から180年ほど前に作り出された園芸種だそうです
マメ科の植物で肥料は自家調達するので
成長が旺盛で、ぐんぐん大きくなります
毎年丸裸に剪定をしますが、春の新芽に花が咲きます

IMG_0233_R.JPG


耐寒温度がマイナス5度と言いますから西日本ならどこでも育ちそうです
これによく似たアメリカデイゴは街路樹にもなっています
沖縄ではこれを屋敷壊しと言うほどです
わけは成長が著しく根が屋敷の石垣などを破壊するからだとか
繁殖は挿し木か根伏せそうですがまだ実証していません


IMG_0238_R.JPG