カンナの花お疲れさまでした

DSC01712_R.JPG

カンナの花が終幕を迎えています
暑いのはいくら暑くても平気なカンナ
気温が下がってきてそろそろおしまいの季節です
カンナの原産地は熱帯アメリカです
暑いのが大好きな花です

DSC01713_R.JPG

すこぶる丈夫な花でして、暖地では植えっぱなしでも大丈夫
寒くなれば地上部は枯れますが、球根は残ります
枯れて行く地上部には丸くて黒い種がついています
この種はすこぶる硬くて発芽さすにはヤスリで皮を傷つけます
蓮の種もそうですがカンナも数十年経過しても発芽するそうです

DSC01714_R.JPG

カンナの花は仏教徒も関係が深く
カンナは仏陀と言う意味も持っているそうで
悪い悪魔がお釈迦さんをめがけて大きな岩を投げたそうです
幸いお釈迦さんには当たらなかったものの
砕けた破片がお釈迦さんの足に当たり出血
そこから真っ赤なカンナが生まれたと言います

DSC01716_R.JPG