ミツマタ

DSC00063_R.JPG

ミツマタのつぼみが膨らんでまいりました
普通は2月に開花するのですが、今年はやや早いようです
ジンチョウゲ科の落葉低木です
原産地は中国奥地ヒマラヤ近辺だそうです


DSC00061_R.JPG

日本ではこのミツマタはとても重要な紙資源です
ミツマタの和紙は最高級の品質です
もちろん紙幣にも使われています
漢方では、解熱消炎、男性の精力改善にいいそうです
また枝が必ず三叉になるので
花瓶に止めて花が生けやすいようにする仕切りにもなります

DSC00060_R.JPG

成育場所は落葉樹の陰で、緩やかな斜面に多く見られます
繁殖は挿し木が適当でして、春に行います
移植を嫌いますから、山で堀上げるのはやめましょう
実生も可能ですが、親とは似つかぬものが出現する可能性があります
春一番の花がまもなく咲くことでしょう

DSC00059_R.JPG