まだ咲いていた釣鐘ニンジン

名残の釣鐘ニンジンです

画像


釣鐘ニンジンの花がまだ残っていました
なぜ人参とは縁もゆかりもなさそうな植物にニンジンと称するのか
それはむか~し。漢方薬の朝鮮ニンジンがすごく貴重なものでした
全て輸入品で高価この上ないものでした

画像



そこで日本にも探せばニンジンはあるのではないかと探しました
そうすると、この釣鐘ニンジンの根が朝鮮ニンジンにすこぶるよく似ている
それで花が釣鐘状で根がニンジン状なのでツリガネニンジン
このようないきさつですが
釣鐘ニンジンの、にんじんは後からつけられた名前でしょう

画像


昔からこれをトトキ、またはシャジンとも言いますからこちらの名前の方が古くから使われてきたのでしょうか
トトキはおいしいのです
春新芽が出ますと摘み取ってきて山菜料理としてイタダキマス・・・
摘むと白い乳液が出ます。キキョウの仲間です
今野原ではツリガネニンジンは種の時期なのですが
なぜかまだ勢いよく花が咲いていました
実は人工衛星のような姿です
一度野原に出てお確かめください

画像




岐阜 ちょうちん 岐阜提灯 廻転行灯 紙 廻転 あやか9号 釣鐘人参
岐阜 ちょうちん

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 岐阜 ちょうちん 岐阜提灯 廻転行灯 紙 廻転 あやか9号 釣鐘人参 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"まだ咲いていた釣鐘ニンジン" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント