テーマ:ケイトウ

ケイトウの花

間もなくケイトウの花もおしまいです そこで園芸業者は在庫処分のためケイトウを安く販売しています 普通に育てればケイトウは数十センチに成長しますが ここでは成長抑制剤の薬を与えて、小さな鉢植えにしています Bナインという薬です この薬で処理された植物は節間が伸びずに背丈が小さくなります コンパクトに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケイトウの花

ケイトウの花が出まわり始めましたした ケイトウの燃えるような赤い色が炎暑に負けじと頑張っています ケイトウも沢山の品種がありますが この頃矮性種の物も多く出てきましてコンパクトに鉢植えでも楽しめます 何もかも小さくすると言うのは感心できませんが、こんなのは良いですね ケイトウは南アジアでは若い芽は食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケイトウ

鶏頭になるも牛尾になるなかれ??なんてありますが そのケイトウとは若干意味が違いますが 花のケイトウはまさしく鶏の頭頂部のトサカに似ていることから命名されています でも最近の若い方は鶏の存在すらよく知らないのです 学校の飼育小屋に鶏がいればまだいいのですが 最近はその小屋にも鶏をあまり見かけません 花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケイトウ

ケイトウは鶏の頭、鶏冠と書きます いま花壇でよく目立つのがケイトウです ひ床の植物で、暑さに強く、手間のかからない花です 群植えすれば見事です ことわざに「鶏頭となるも牛尾となるなかれ」とありますが つまり、小さくとも先頭集団に居ろ、大きな組織でも最終でくっいていてはだめだと言う事です 最近政治の世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケイトウ

ケイトウ 鶏頭と書きますが これは,にわとりの頭にある冠状の部分をトサカといいますが この鶏冠がこの植物と類似しているので、鶏の頭、つまり鶏頭となるわけですが 昔は家庭でもにわとりを飼っていて、本当に身近に鶏がいましたから、なんら説明が無くてもケイトウはわかったのですが、いまやにわとりを身近に見る機会も無く、小学校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケイトウ

ケイトウです 「鶏頭となるも牛尾となるなかれ」 ケイトウはもうご存じですよね 真っ赤な花が、まるで鶏のトサカのように見えるところから「ケイトウ」と言うことだそうですが ケイトウはわかりました。 でもニワトリの頭は見たことがありません・・・・と聞こえてきそうです ニワトリ、ことに雄鶏の立派なトサカをもったニワト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more