テーマ:サルスベリ

百日紅 サルスベリ

花の期間がとても長いので百日紅と書きます 百日紅はよく庭園樹として植えられています 背丈があまり高くならず花の期間が長いので 好んで植えられています 今まではうどん粉病という 葉などに白い粉のようなものが吹く病気に弱かったのですが 最近は品種改良でうどん粉病も耐性ができて 丈夫な百日紅が出て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルスベリ

だいたいの花々は猛暑に合ってへとへとですが ここに夏でも平気な花木があります その名はサルスベリです よく道路の分離帯や、庭園にも植えられています ご存知の方も多いのではないでしょうか なぜサルスベリという名前になったのか?? そのわけは、この樹が成長するにつれて 樹皮の表面が剥がれて来tます そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルスベリ

猿も登れないと言う意味の花木です サルスベリは花が美しいのでよく植えられています 庭園の樹木としても欠かせません 花が美しいうえ長期間花が咲き続けます 花の色も変化がありますので楽しいです サルスベリは成長するに従い古い樹皮がはがれてゆきます 後にはつるつるとした木肌が残りますが これがさすがのサルでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルスベリ

今年はサルスベリの当たり年 この夏は猛暑で連日カンカン照りが影響したのか どこのサルスベリにも素晴らしく花がよく咲いています サルスベリは長い期間花を咲かせることから百日紅とも言います サルスベリの由来は、この気が成長するにつれて樹皮がはがれ あたかも磨きこんだ床柱のごとくすべすべになります それでお猿も滑って登れまいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルスベリ

猿も木から落ちると言いますが・・・? サルスベリとは中国南部の生まれです かなり古くから日本に入ってきたようです この木は成長すると木の肌が剥がれてつるつるになります そのような事から、猿がこの木に登っても滑って登れないと言う発想から サルスベリと言う様になったみたいです 夏の花の少ない時期に咲く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルスベリ

サルスベリが咲きました サルスベリ・この花の命名の由来は、サルスベリの木が生長してまいりますと、樹皮がはがれおちます そうして、まるで磨き上げたかとみまごうごとく、木の肌がピカツルになります こうなれば如何に木のぼりの上手なお猿さんでも、滑って登れないと言う事で、サルスベリと言う命名に至ったそうです 花の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルスベリ

サルスベリがいたるところで咲いています 漢字では百日紅と書くほどで、花期が長いという意味かと思います 実際サルスベリの樹皮はすべすべで、サルでも滑って登れまいと確かに思うほどですが 最近テレビで実験をしている映像を見ました それによると、サル君はいとも簡単にサルスベリに上りました ならばと幹に水をたらして、これなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルスベリ

猛暑をむかえてますます元気なのがサルスベリです 昨日の朝顔で、琉球朝顔を書きましたら、さっそくコメントをいただきました ありがとうございます コメントには、昔からの朝顔は風情があります つるべ取られてもらい水の光景はなくなったと、良き日本の情景が失われつつあるのを嘆いておられましたが、まさにその通りだと思います …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more