カラスのえんどう

カラスのえんどう

画像


カラスって別に黒いわけではありません
小さいものを例えるのに、スズメ、スズメの涙なんて言いますよね
もちろん、れっきとしてスズメノエンドウと言うものもございます
さらに小さいとノミになるわけで、気の小さい人を蚤の心臓などと言います

画像


カラスは、少しスズメよりも大きい場合の表現です
さて、カラスのえんどうですが、きれいな花を咲かせています
やがて、小さな豆を実らせるのですが、昔の子供はこの豆を少しちぎって切り取り、草笛にしてピーピーと鳴らして遊んだものです

画像



カラスの豌豆の天ぷらはおいしいのですが、ご存知でしょうか
伸びてきた豌豆の先端の芽を取り、天ぷらにします
塩かお醤油でいただきますと、野趣のある一品になります
癖の無い味ですが、春を実感できますよ

画像




野鳥売買 メジロたちの悲劇 (講談社プラスアルファ新書)
講談社
遠藤 公男

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 野鳥売買 メジロたちの悲劇 (講談社プラスアルファ新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック