キノコの季節

今年やや遅れてキノコの季節到来です



画像


この間、駒ヶ根市へ出かけてきました
宿泊施設の周り一帯は天を衝く巨大なアカマツの森が続きます
これならマッタケも生えるには十分環境だろうと思います
私が住む和歌山では、もうアカマツなんかはすべて松くい虫にやられて
今では山に松の木が無いのですから

画像


農産物の直売所ではキノコが売られています
松茸は2本で2000円でした
また、ヒラタケなどのキノコはおおよそ500円で売られています
一パック買うと食べきれないほどの量があります
村人が山に入って取ってくるのだそうです

画像


時間があったのであたりを散策しました
いたるところに林道が通じています
日陰になった部分には様々なキノコが顔を出しています
浅学な私はそれがなんというキノコなのか名前さえ知りません
わかるのはホコリタケとイグチくらいです
また来年も生えて来いよと採取はせず戻りました


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック