モチツツジ


DSC00040_R.JPG

モチツツジの返り咲きが見られます
本来なら5月に花が咲くのですが
ツツジには四季咲きの性質も一部に残っているようです
あかるい林縁などに普通に見られるツツジですが
不思議なことに静岡、山梨から、岡山県まで
四国を含みますがこの間にしか自生していないと言うことです

DSC00033_R.JPG

春に咲くときは結構豪華に花を咲かせて美しいです
シャクナゲ色のこのツツジは
多くの園芸品種の母体にもなっているようです
栽培はむつかしいのか、
モチツツジを庭木にされていることはほぼ無いようです

DSC00037_R.JPG

自生地は良く陽の当たる傾斜地で乾燥気味のやせ地です
このツツジに軟毛がたくさん生えていて
そこにねばねばした粘液が付着します
これをトリモチになぞらえてモチツツジになったようです
粘液は花にやってくる外敵を粘液で動けなくするようです
半落葉で冬季には赤く紅葉します


DSC00036_R.JPG