ヤブランの花

DSC00241_R.JPG

ヤブランに薄紫色の花が咲きました
ヤブランは東アジアの原産でキジカクシ科
多年草であまり日が差さないような半日陰の林床に自生します
このヤブランの根は麦門冬と言いまして
漢方薬では非常に重要な生薬です

DSC00237_R.JPG
ベーターフィステロールと言う成分が
粘膜を潤し滋養強壮、風邪ひきに効能があると言われています
いまは紫色の花ですがやがて黒い球形の種ができます
繁殖は種をまくか株分けで行います

DSC00238_R.JPG

ヤブランは日陰から日当たりまで幅広く対応する植物です
丈夫で暑さ寒さにもよく耐えるので庭園の下草
石組みの根占などに栽培もされています
放任でも大丈夫です、今では里山が荒れて
自生地が非常に少なくなってきています

DSC00239_R.JPG