ロウバイ咲く

暖冬のせいで早くもロウバイが満開

画像


ロウバイがいい香りを放っています
この花の香りはなんとも高貴なものです
やめておこうと思いつつ、つい花に顔を近づけてしまいます
ロウバイはソシンロウバイという品種の方が香りが強いようです
毎年なら早くても今月末から2月の半ばにようやく咲き始めるのですが
この異常な早や咲はこの後植物にどのような影響を残すのでしょうか

画像


一般的に桜なども寒さに当たることで休眠が覚めると言います
その理屈から言いますと、桜の目覚めはいかがなるのか
案外目覚めが遅くてお寝坊桜になるかもしれません
梅も各地で咲き始めたと言います
もう蕗のトウも出ていることでしょう

画像


ロウバイを育てる場合、花の終わった枝を切り詰めてゆきます
分岐点から30センチほど残して先を切り落とすのです
やたら伸び放題にすると栄養が分散して
花がたくさん咲かない原因になります
株元から伸びだすシュートと呼ばれる枝も切り取ります
花の終わった後にできる、実の無視みたいな中の
黒い種をまいてもよく芽が出ますが、花の咲くまで時間がかかります
気長な方はこちらの方法ですね

画像






"ロウバイ咲く" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント